「どうしても止めたい」

「絶対に変わりたい」

そう感じる気持ちは、多くの人が経験するもの。

ダイエットや禁酒・禁煙に、もっと深刻な依存症。
身近なところで言えば、散らかす習慣やスマホを見る習慣、買い物をやめられない習慣だって、根をたどれば同じものです。

そして、これらの習慣を止められないのは、あなたがそれを止めることに「執着」しているからです。

 

「タバコを止めたい」と思えば思うほど、あなたの脳は「 タバコ 」の事を考える機会が増え、脳に

「 タバコ 」「吸ってはいけないもの」「止められないもの」

という回路が作られます。

吸ってはいけないと思えば思うほど、止めたいと願えば願うほど、その回路は強固になり、意識に刷り込まれます。

 

反省もダメです。

多くの場合、反省は、感情と結びついて、よりその回路を強くするばかりで、進歩を止めてしまいます。

 

脳は、繋がりを記憶します。

 

例えば、「ランニング」と聞いて、「面倒」と思う人もいれば、「リフレッシュ」と思う人も、「自分には関係ない」と思う人もいる。

更に、公園、住宅街、海沿のランニングコースと思い浮かべる風景も、聞こえてくる音も、漂う香りも人それぞれでしょう。

私達の脳は、無数の選択肢から、繋がりを作ります。

その「事」を、「悲しみ」と繋げるか、「喜び」と繋げるか、全てはあなた自身の選択次第ということです。
 
海馬が作る記憶と情動
 

いったん作られた繋がりが、もし、自分にとって望ましくない習慣を招いている場合、そこから自由になるためには、
 
「**を止めたい」と願うのは、逆効果です。
 

今回の場合であれば、むしろ、タバコの事を考える機会を減らして、 タバコを吸わなくなれば叶うだろう、自分にとって良いことのイメージを膨らませてみましょう。

例えば、

 タバコ代を節約したら何が買えるでしょう。

 喫煙のために費やしている時間が減れば、何ができるでしょう。

 体に染みついたタバコのにおいが消えたら、何が起こるでしょう。

 

これらのイメージは、あなたの選択肢となり、新たな繋がりを作ります。

新たな繋がりは、意識に刷り込まれ、やがて、古い繋がりを更新します。

そして、その時、止めたかった習慣からも、自然と解放されるでしょう。

 

では、新たな繋がりをどのように作っていけば良いのか。
 

まず1つは、選択肢を増やすことです。

選択肢とは、その時までの経験、つまり出会った人、行った場所、心に触れた本や音楽に絵画、学んだこと、感じたことなど全てです。

選択肢が多ければ多いほど、繋げるのは容易になります。

逆に、あまりに選択肢が少ないと、限られた繋がりしか見出すことができません。

 

もし、自分の選択肢が少なければ、増やす工夫をしてみましょう。

人に出会い、新たな場所に出かけ、学び、新たな環境に身を投じてみましょう。

全ての経験はあなたの糧になり、時が満ちれば必ず、今悩んでいることを解決してくれるはずです。
 

今、この瞬間から、少しずつ増やして行けば良いだけです。

シンプルですね?!

 

もう1つは、繋がりを作る力を育てることです。

多くの人は、せっかく選択肢が沢山あっても、それらをうまく繋げることができません。

今見えている世界の繋がりの形が限られているので、どうしてもそれに似た形になってしまうのです。

 

最初はなかなかうまく行かなくても、1つ目の「選択肢を増やすこと」と同時に続ければ、じきにうまく繋げることができるようになります。途中で諦めずに続けてみてください。

 

ちなみに、イメージする力を伸ばす気功の練習は、これらの繋がりを作ることに大変適しています。

気功のページ でも詳しく書いているので、参考にしてみてください。

 

研究生マルのレッスンメモ

本記事は、レッスン・施術中の望永航史先生のお話を、研究生マルが覚書としてまとめています。


【手技+理論】マンツーマン中医学・施術講座|望永航史
医学気功講座|望永航史

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です